ホームページがないとお店は存在しない?!
 

お店や会社を探す消費者の行動パターンが変化しています。

消費者が運良く紙媒体の広告やチラシで御社を見つけたとしても、すぐに来店や問い合わせとはいかず、多くの方が御社のホームページを検索します。

 

その時、ホームページがなければ、「御社はこの世に存在しない」と扱われてしまいます。大げさに聞こえるかもしれませんが、それほど、ホームページは消費者の信頼を図る大切なツールとなっています。

 

ポータルサイトへの登録だけでは十分ではありません。ホームページは顧客とのコミュニケーションツール。リピート客の確保の為にも役立つツールなのです。

 

ホームページを持ってないことで「目に見えない大きな損」をしていませんか?

 ホームページは単なる広告媒体ではありません。また、ホームページさえあればすべてはうまく行くという魔法のツールでもありません。ただ、使い方によっては集客の自動化も図ることができる素敵なツールとなり得ます。 うまく活用することで、これまでの経費を大幅に削減でき、これまで以上の集客を可能とし、安定した売上確保に貢献できるでしょう。

 

それには単にホームページを制作するだけではいけません。世の中にはホームページ制作サービスがたくさん存在しますが、役に立っていないホームページが山のように存在します。ホームページ制作をご検討中なら、ちゃんと集客できるホームページを制作をご検討ください。

 

どちらのホームページがお好みですか?
 

あなたは「見た目がキレイなだけで高くて儲からないホームページ」が欲しいですか? それとも「格安で見た目もクールで集客ができて儲かるホームページ」が欲しいですか?格安でも集客ができるホームページ制作サービス

 

当然、儲かるホームページに軍配が上がることでしょう!

実は通常のホームページ制作会社は、ホームページの設計段階から、(自らホームページで一銭も稼いだ事がない)デザイナーによってホームページ制作が行われています。弊社では、(実際にホームページで収入を得ている)マーケッターにより、ホームページの設計、デザインが行われています。

 

そのため、そのデザインも芸術的な視点ではなく、ビジネス的な視点、すなわち「集客ができ、儲かる」ことを念頭に行われています。

 

ホームページ制作を格安で提供できる理由

1 デザイン料金を安く抑えられるため

ホームページ制作料金は、そのほとんどを人件費が占めています。デザイナーや営業マンなどにかかる経費を、工数を元に試算して決められています。その為に人件費を多く抱える大手であるほど、制作料金は高額になっています。

 

弊社では、世界的にSEOに強いワードプレスというソフトウェアを使ってホームページ制作を行っています。ワードプレス型ホームページワードプレスではテーマという、いわゆるデザインテンプレートを使います。プロの一流デザイナーがデザインしたワードプレステーマを仕入れ、御社用にカスタマイズ加工して制作しています。その為、ホームページ制作にあたり最も高くつく人件費たるデザイン料を安く抑える事ができます。

 

そもそもホームページの枠組みデザインは、ネットの普及時から時を経てだんだんパターン化されてきました。 成約率の高いホームページの枠組みは、ほぼ3つのパターンに集約されて来ました。 訪れた人が読みやすく「儲かるホームページデザイン」として確定されて来たわけです。

 

格安でも集客ができるホームページはデザインが画一化されてきた

 

上図は、その典型的なパターンである「2カラム左サイドバー」のデザインテンプレートです。 会社のロゴや連絡先を明記したヘッダー部、メニューバー、ヘッダー画像と配置され、 左にサイドバー、右側にメインコンテンツ、下部がコピーライトなどを記載した フッターになっています。上図とは逆にサイドバーが右側に配置されているのが「2カラム右サイドバー」のデザインパターンになります。

 

よくランディングページに使われている、サイドバーがないデザインパターンを1カラムと言います。 1枚のセールスレターを模して作成されたパターンです。今あなたが見ているこのサイトのパターンですね。その他、サイドバーが左右双方に配置されているパターンを3カラムと言います。ブログでよく使われています。

 

基本的にはこの「1カラム」「2カラム」「3カラム」パターンの3つのパターンがよく使われているデザインパターンになります。その為、この基本枠組み部分だけをパターンデザインをしてもらい、 それを弊社で仕入れ、御社用にカスタマイズすることでコスト削減を実現、低価格でのホームページ制作を実現することができるようになりました。

 

現在、テーマ保有数は、数百個を超えています。保有テーマ数は増やし続けています。 このテーマの中から御社の要望を聞き、枠組みデザインを選択して頂きます。その上で御社用にカスタマイズします。トップページが仕上がった時点での注文キャンセルも可能な返金制度を設けておりますので、お気軽にお申し込み下さい。

 

2 営業経費を安く抑えられるため

多くのホームページ制作会社が、自身の会社の集客手段としてアウトバウンドマーケティングを行なっています。アウトバウンドマーケティングとは、要するに企業側から働きかけるマーケティング手法で、例えば訪販、飛び込み営業、電話アポイントなどになります。

 

某大手企業などは電話アポで業績を伸ばして、大手になっています。もし、このようなホームページ制作会社にホームページ制作をお願いするとどうなるかは、火を見るよりも明らかです。すなわち、ネット集客をしていないホームページ制作会社がネット集客できるホームページを制作できるハズもないと思いませんか?

 

大手の名前にダマされてはいけません。

 

大手の名前を信用して大金をドブに捨ててしまった知人を何人も知っています。あなたは、彼らの営業マンを養うためにホームページ制作料金に大金を払おうとしていませんか?

 

弊社では、営業マンを雇わず、すべてネット集客を中心に据えたダイレクトレスポンスマーケティングを活用し、インバウンドマーケティングにて行なっております。その為、営業経費を抑えられるために格安でのサービス提供を可能にしています。

 

世界中でワードプレスが選ばれる理由
 

◎ウエブの世界の潮流がhtmlよりCMS化にある

ホームページ制作におけるCMS(コンテンツマネージメントシステム)の比率が年々上がっています。

 

CMS(コンテンツマネージメントシステム)とは、ホームページのコンテンツであるテキストや画像、動画などのデータを統合的に管理する仕組みを持ったホームページであり、htmlやCSSで構成される通常のサイトよりも更新や改修などの管理を容易にしました。

 

その便利さから利用者が増え続け、全世界のホームページにおけるCMS利用率は約37%にのぼっています。(参照:http://w3techs.com/)

 

ホームページ制作の主流がどんどんhtmlからCMS化していっているのがウェブの世界の潮流のようです。トップを走っていたかと思うと、いつの間にかじり貧という事例が山ほどあるようにウェブの世界は一寸先は闇。でも、このCMS化の傾向は当分続きそうだと私は考えています。

 

なぜなら、ウェブサイトをCMSで制作するメリットが非常に大きいためです。

 

◎世界のCMSにおけるワードプレスのシェア

CMSを提供するソフトウェアは数多くありますが、中でもワードプレスのシェアがダントツです。

そのシェアは58.8%(↑)。2位が6.7%(↓)、3位は5%(↓)ですのでワードプレスのシェアがいかにダントツがわかると思います。しかも、ワードプレス以外は軒並み前年比シェアダウンになっています。

参照:http://w3techs.com/technologies/overview/content_management/all

 

上記サイトより引用

 WordPress is used by 24.4% of all the websites, that is a content management system market share of 58.8%.

 

日本で一時流行ったMovableType(ムーバブルタイプ)は0.1%、XOOPS(ズープス)は0.1%。一時はMT、MTと多くの人が話をしていたのであなたも耳にしたかもしれませんが、最近は日本でもシェアを落としたのか耳にしませんね。

 

最近、リニューアルを依頼されたクライアントサイトがXOOPS(ズープス)を使ってサイト構築を行っておりました。ログインしてみたのですが、扱いずらいのなんの。ワードプレスでのリニューアルを依頼されました。

 

その点、ワードプレス(wordpress)は非常に使いやすく、シェアがダントツな理由がわかります。世界中のサイトがCMS化していく流れの中で、そのCMSに使われているソフトウェアの約6割がワードプレス(wordpress)というわけです。

 

もしかしたら、あなたがいつもアクセスしているサイト。ワードプレス(wordpress)で構築されているサイトかもしれません。もちろん、全世界で多くのホームページが使っているから使えという話ではありません。なぜワードプレスが使われているのか、もう少し探ってみましょう。

 

ワードプレスが世界中で使われている3つの理由
 

1 ブログ感覚で自分で更新ができる

世界中でワードプレス利用が進んでいる理由をあげますと、第1の理由はその扱いやすさにあるでしょう。ワードプレスはホームページの更新やページの追加がブログ感覚で行えます。その為、htmlやCSSといった通常のホームページ管理で必要だったスキルを、全く意識することがなくホームページ管理が可能になります。

 

インターネットというツールにより、世界中で一般企業や個人がメディアを持ち、情報発信する術を持ったのが現代という時代の特徴です。それにも関わらず、SNSをのぞいて、その中心にあるホームページが、まだ一部の技術者やスキルを持った人に独占されています。本当の意味で一般企業や個人の手にツールが渡ったという点がCMSを活用したホームページの特徴になります。

 

すなわち、誰にでもワードプレスを用いたホームページ管理が容易になった為に、誰でも情報発信を可能にしたわけです。しかもワードプレスによるホームページは、個人ブログの感覚でありながら、ちゃんとしたコーポレートサイト、企業ブログやメディアサイトの構築も可能ですので、しっかりとしたビジネスニーズにこたえることができるのです。

 

企業の立場に立つと、ホームページを持つのが当たり前になってきたこのご時世でも、ホームページ更新は管理会社に依頼しているケースがまだ主流のようです。更新の都度、見積もりを出してもらって、ホームページの更新をやってもらうわけです。そうなると更新の敷居が高くなります。管理会社に依頼するという仕事が面倒くさくなるわけです。おまけに更新のスピードが遅くなります。

 

ホームページを更新しなきゃと思い立ってから、原稿作成 → 見積依頼 → 社内決済 → 更新依頼 → 更新 というステップを経て行くうちに、更新しようと思った情報が古くなってします。スピード感のあるネット時代には致命傷になりかねません。

 

そこへ行くとワードプレスの場合は、更新をユーザー企業側で行う事が可能なので、更新の敷居も低く、スピード感を持った運営が可能になります。おまけに技術スタッフを手当てしなくても、アルバイトでも更新が可能ですので人件費もあまりかかりません。実際の運営はマーケティングの部署で集客を想定した更新がおススメです。またクラウド型システムなので、複数の社員により権限に応じて更新や修正が可能です。

 

ホームページのワードプレス化のメリットはこれだけでもすごいわけで、それが世界中で使われている第1の理由になります。

 

2 コスト削減につながる

世界中のホームページでワードプレスが使われている第2の理由は、コスト削減につながる点にあります。

 

第1の理由で述べた通りhtmlやCSSで制作した通常サイトより、ワードプレスホームページは、更新管理の手軽さから人手や時間が削減できる為、はるかにホームページ管理コストが削減でき、スピード感を持った経営判断につながるのです。

 

その上、ワードプレスは、オープンソースと言って誰でも無料で使用が可能なソフトウェアになっています。そのため、世界中の開発エンジニアにソースが公開されており、こぞって開発に取り組んでいる為、常に時代の影響に対応し、変化し続けています。

 

そう、ユーザー側は常に最新の状態でソフトウェアを無償でアップデートが受けられる為、PC側や携帯端末、OSのアップデートに惑わされないウェブサイトの運用ができるのです。これだけのコスト削減は、世界中の開発ユーザーの善意のおかげなんて、すごいですよね。彼らには感謝・感謝です。

 

おまけにワードプレスにはプラグインという機能が装備されていて、ワードプレス用のソフトウェアを多くの開発者が無償提供しています。(中には有償のプラグインもあります。)ウェブサイトに必須の自動返信機能つきのコンタクトフォームやサイトマップ表示をはじめ、関連記事表示や記事のランキング機能など、ワードプレスサイトの動的な運営に、とても便利なツールが無償で手に入るわけです。

 

これもまた驚きですよね?

 

フリーソフトの文化はPCの黎明期からありますが、ビジネスユースのソフトウェアは高額なのが相場。それにもかかわらず、かなり高機能なソフトウェアが、プラグインとして提供され、いつでも、誰でも使用が可能なわけです。これは奇跡的なことだと私は思います。

 

3 集客につながる

世界中でワードプレスが使われる第3の理由は、集客がやりやすい点があります。これが最も重要なメリットであり、私もワードプレスによって恩恵を受けている一人になります。ワードプレスは、グーグルと非常に相性が良く、記事を投稿することでアクセスを自然に集めることができる設計になっています。

 

グーグル社の役員がワードプレスでブログを書いているという情報があるほど、グーグルとワードプレスは相性が抜群なのです。通常のhtmlやCSSで制作されたホームページは、砂漠のど真ん中にお店を開いたようなもの。そこに道を作り、人を呼び込むことを、最初から自分自身の力で行わなければなりません。

 

ところが、ワードプレスは、ホームページを立ち上げた瞬間に、ある作業を行えば、グーグルが道を作ってくれ、人を呼び込んでくれるのです。最も、そうするには、制作や更新ノウハウを使う必要がありますが・・・。様々なメリットの中でも、ワードプレスは検索エンジンに最適化されたサイトが、たやすく作りやすいことが最大のメリットではないでしょうか?

 

その上、前述したとおり、ワードプレスは世界中の技術者の有志が常に最新状態へバージョンアップを行っています。彼らはワードプレス自体の検索エンジン上位表示対策(SEO)を行っています。つまり、あなたがワードプレスを使っているだけで、最新のSEO対策を行っているということになるのです。

 

ホームページの集客で最も安定的な集客先は検索エンジンです。ワードプレスでのホームページ制作により、検索エンジン経由での安定集客を確保できることが、最大のメリットになります。これら大きな三つの理由から、世界中でワードプレスが選ばれているわけです。これは使わないと損ではないでしょうか?

 

 

はじめまして!まじコミュニケーションズの知念と申します。
世の中にはホームページをうまく活用できていない企業様が多数あり、その現状には心を痛めております。うまくホームページを活用できれば、効率的な集客が可能となり、自動集客すら可能になるにも関わらず、宝の持ち腐れに放置されているホームページがいかに多いことでしょうか。

 

最初のボタンの掛け違いがこうした現状を生み出しています。通常のホームページ制作会社でホームページ制作を行っているのは、webデザイナーやwebクリエイターという職種の人たち。本来、ホームページはマーケティングのツールであり、経営陣や営業部が企画、設計を行うべきであるにも関わらず、企画、設計段階からデザイナーが行っているのが現状です。

 

もちろん彼らの中にもマーケティングの知識を持っている人がいるかもしれません。 ただ、「知識を持っていること」と「実践をしていること」との間には雲泥の差があることについては経営者なら異論を持たないことでしょう。

 

ホームページの企画、設計をデザイナーに丸投げをしては行けません。ホームページの活用方法については、経営者も学ばなければなりません。

 

そこで、お店や会社の経営者、これから起業をご検討されている起業家向けにホームページを最大限に活用する方法、ネット集客の基礎知識をレポートにまとめました。現在、無料配布を行っておりますので、是非ともご一読頂き、御社のネット集客にお役立て下さい。

 

サイト運営責任者(文責):まじコミュニケーションズ 知念 明良ネット集客
プロフィール:
沖縄県那覇市出身で関西育ち、現在沖縄県うるま市在住
関西大学 総合情報学研究科 修士課程修了
元防衛庁(現防衛省)技官
集客コンサルタント、ビジネス作家

実績:
・ 副業時に日本一の月商達成(メーカー表彰)
・ 初月1200万円超の売上達成(メーカーレコード)
・ たった1人で、たった1年で12店舗のフランチャイズ構築
・赤字経営の会社を就任初月から黒字転換
・その他多数

著書:
・ 「ネット活用で一生型収入を実現させる方法」(明日香出版)
・ 「たった1人で、資金ゼロで、フランチャイズ本部を作る方法」(Eブック)
・ 「Eブック作家になって夢の印税生活を実現し、幸せなナマケモノになる方法」(Eブック)
・ インターネットマーケティング通信講座

 

今すぐ資料をご請求ください!
 

資料をご請求された方には、もれなく無料レポート「経営者・店舗オーナーの為のネット集客の強化書」を進呈します。このレポートを手に入れることで、あなたは以下の情報を手に入れることができます。

 

集客ができるホームページ制作無料レポート見込み客を集める17の方法集客ができるホームページ制作無料レポート
 
集客ができるホームページ制作無料レポート今なぜホームページが必要なのか?
 
集客ができるホームページ制作無料レポート今さら聞けないネット集客初めの一歩
 
集客ができるホームページ制作無料レポート顧客を自動的に得意客にする方法
 
集客ができるホームページ制作無料レポートファンをとりこにする3つの方法
 
集客ができるホームページ制作無料レポート中高年の武器とは?
※資料請求をされた方には定期的にキャンペーン情報などお得な情報を配信させて頂きます。ご了承の上、ご請求ください。

※全項目が必須項目となっています。

 

担当者氏名
メールアドレス  
  



 

運営会社|特定商取引法に基づく表示| プライバシーポリシー

Copyright c 2015 まじコミュニケーションズ All Rights Reserved.